2013 SANSHODO SELECTION SPACE 笑顔

増加の一途をたどる要介護者数は、今や全国で約500万人とも言われている。国の対策においても医療から介護への転換が予想されている中、多くの方が介護に対して、マイナスのイメージを持っている。そこで、そのイメージを払拭すべく、“ポジティブエイジング”をコンセプトに、介護用品=シルバー世代を楽しむアイテムと位置づけ、楽しくショッピング出来る場所とした。「自分も介護用品を使う歳になったか…」「必要だから揃えるか…」というネガティブな感情を抱かせず前向き(ポジティブ)に年を重ねる(エイジング)老齢の方々をサポートするため、商品だけでなく、介護に関わる全ての情報を受発信出来る基地(ステーション)の役割を果たす。施設は明快な動線計画が必要である。全てのコーナーへアクセス可能な通路(メインストリート)を中心に設けた。視線が通る事により管理がしやすく、また車椅子での移動にも配慮した。シンボリックな列柱など施設全体をナチュラルな素材感で構成し、穏やかな空間とした。

CATEGORY:
Shop & Show room